「#ミライノサクラ」イベントレポート|一生に一度の“今年の桜”に未来への願いを込めて

一生に一度の桜を未来へ”をテーマに、glo™が新世代の音楽マルチメディアblock.fmと共に配信ライブ「#ミライノサクラ」を開催した。

「#ミライノサクラ」は東京タワーを直上に見上げるロケーションから配信。会場には透過LEDを搭載したキューブ型のステージが設置され、SKY-HI・☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)・tofubeats・ぷにぷに電機・RHYME SOの5組のアーティストが一夜限りのスペシャルなライブを行った。


☆Taku Takahashi&三原勇希がハイブリッドなデジタル花見をナビゲート

希望に満ちた未来への願いを込めて行われた一夜限りのライブはglo™のインスタグラムアカウントから無料で配信され、延べ5000人が視聴。また、配信会場には人数限定で招待された観客が各々の車で来場し、車の中でFM電波を通じて音楽を楽しむ「ドライブインフェス」形式(※詳しくはglo™“VIRTUAL DRIVE IN FES”夏フェスを感じるライブ配信を参照)でソーシャルディスタンスを保ちながらイベントに参加し、音楽とともにデジタル夜桜を楽しんだ。

少しずつ日が落ち始めた頃、イベントはスタート。MCは音楽にも造詣が深いタレントの三原勇希と、block.fmの局長を務めるm-floの☆Taku Takahashiが担当。MC席として会場に設置されたオープンカーの運転席に三原が、助手席に☆Takuが乗り込みイベントをナビゲートした。

インスタライブでイベントのイントロダクションが流れると早くも配信のコメント欄には歓喜の声が溢れる。前述の通り、アーティストは透過LEDに囲まれたキューブの中でライブを行う。この透過LEDがキューブ形状で実際の野外イベントに使用されるのはおそらく初めての試みとのことで、未知の体験に期待が高まる。

東京タワーに出現したダンスフロアを彩るぷにぷに電機、tofubeats

オープニングが終わると最初のアーティストとしてネットを中心に注目を集めるシンガー/プロデューサーのぷにぷに電機が登場。Shin Sakiuraとの「empties」、Dirty Androidsと共作した「On The West Coastline」を続けてパフォーマンスすると、配信のコメント欄は「歌っているところを初めて観た」とライブするぷにぷに電機の貴重な姿に喜びの声が続々と流れていた。

LEDにはキューブの中で歌うぷにぷに電機の映像と、楽曲の世界観を表現したVJ映像が重なるように映し出され、透明感のある演出が淡い歌声ともリンク。

MCを挟んでPARKGOLFが手掛ける「透明人間・オン・ザ・ビーチ」、続けて「今日は雨が降らなかったけど」と前置きしつつ「Summer Rains」、「a drop」といった湿気を帯びた楽曲をしっとりと歌い上げた。最後は代表曲「君はQueen」でライブを締めくくり、ぷにぷに電機ならではのエレクトロジャジーなステージで視聴者と来場者を魅了した。

続くtofubeatsは東京タワーというロケーションを存分に活かしたシティポップなDJセットを夕暮れの会場に響かせる。

まずは挨拶代わりの「wanna be with u」、「what you got」といった自身の楽曲から、角松敏生の「Tokyo Tower」のRemixなど洒落た選曲でムードたっぷりに盛り上げた。

TOWA TEI「GBJ」、「CITY 2 CITY」などダンサブルなトラックからSCARSのA-Thug、YENTOWNのJNKMNとのコラボが話題となった「HIGHWAY」を投下。KEIJUとの「LONELY NIGHTS」Remix、宇多田ヒカル「Goodbye Happiness」を経て、まるで東京タワーを横目に首都高を走り抜けるような疾走感を演出。

後半は自らマイクを握り「東京タワー、綺麗ですねえ」と頭上を見上げつつ「クラブ」、「水星」といった代表曲を歌い、エモーショナルにグルーヴを繋いだ。「水星」のイントロが流れると配信のコメントは待ってましたと言わんばかりにポジティヴなコメントが殺到。東京タワーをミラーボール代わりに至極のダンスフロアを作り上げた。

RHYME SO、SKY-HIが花見の宴を熱く鮮やかに盛り上げる

続いて登場した、シーンのトップを走り続けるプロデューサー・大沢伸一と詩人/ヴォーカリスト・RHYMEによるユニット・RHYME SOは一転、エッジィなサウンドを響かせた。「Psyche」で登場するや配信では「カッコ良すぎる」、「サウンドがヤバすぎる」と興奮のコメントが寄せられる。


RHYMEのボーカルとパンキッシュでクールなエレクトロサウンドが会場を包み、透過LEDキューブに映し出されるRHYMEのパフォーマンスとVJが融合する様は圧巻の一言。「HOT」から「Poseable」への畳み掛けるような展開、RHYMEがキューブの中を所狭しと動きまわり、ステージのテンションは高まっていく。

代表曲「Fashion Blogger」のライヴ・アレンジ、そして「Just Used Music Again」は、最近解散を発表したDaft Punkのトーマ率いるStardust「Music Sounds Better With You」とマッシュアップさせるなど流石の演出に、観客は大きな拍手を送っていた。

満を持して登場したSKY-HIは緩急織り交ぜたセットで視聴者と来場者の双方を圧倒した。まずは、ぼくのりりっくのぼうよみをフィーチャーした「何様」のTHE FIRST TAKE Ver.を見舞い、続く「Sky’s The Limit」では頭上に天高くそびえる東京タワーを衝くようなアグレッシヴなパフォーマンスを披露。

「illusions」ではKANYE WESTの「Power」、「F-3」ではBeastie Boysの「Ch-Check It Out」を、そして「Name Tag」ではEminemの「Lose Yourself」、ライブ終盤の「Double Down」ではNirvana「Smells Like Teen Spirit」をマッシュアップ。王道の似合う、SKY-HIだからこそできる往年の名曲たちを活かしたサプライズにコメント欄も多いに沸いた。

「Sexual Healing」、「そこにいた」、「Over the Moon」といった楽曲でゆったりと、そこからラストの「Snatchaway」に向けての再びテンションを上げていく様は「完璧なステージング」とMCの三原勇希も絶賛。SKY-HIらしいサービス精神と遊び心に溢れ、かつストイックに魅せるライブを届けてくれた。

咲いて散っていく桜に未来への願いを込めて

ラストを飾るのはメインMCを務めた☆Taku Takahashi。m-flo作品ではお馴染みの矢島正明氏によるイントロから宇多田ヒカル「DISTANCE (m-flo remix)」でスタートし、Duck Sauce、Jonas Blue、xiangyuからパソコン音楽クラブまで、国内外を問わずジャンルを横断するダンサブルなDJセットを披露した。

Major Lazerの「Pon De Floor」とDaft Punkの「One More Time」のマッシュアップ曲、Wuki「Pon De Time」を織り交ぜ、偉大なるフレンチ・エレクトロ・ユニットにオマージュを捧げるとともに、グルーヴィーなハウス、エレクトロ、ヒップホップ、ドラムンベースをミックスし、縦横無尽のらしさ溢れるセットを展開。


全編ハイライトともいえるDJだったが、m-flo「miss you」とドラムンベーストラックのマッシュアップ(マッシュアップされているICONIQ「LADIES」のプロデュースは☆Taku Takahashiによるもの)には一際コメントが殺到し、会場もヒートアップした。現地の来場者の中には、自身のクルマを停車しているソーシャルディスタンスを保ったセーフティエリアに降り立ち、踊る姿も見られた。

ラストは宇多田ヒカル「桜流し」のRemixで今年のお花見を締めくくり、視聴者は春の儚さと未来への希望を噛み締めた。

エンディングでは出演者からの“10年後の自分へのメッセージ”が披露された。「#ミライノサクラ」のコンセプトでもある未来への希望と共に、折りに触れLEDに映し出されたデジタルの桜は美しく会場を彩り、明るい未来を照らすようだった。

イベント終了後も、SNSではライブの興奮や感想を綴ったコメントが溢れた。音楽ライブと美しい映像、東京タワーのロケーションが作り出した 一夜限りのお花見は、多くの視聴者に新しい春の楽しみ方を発見させたことだろう。

半世紀以上東京を象徴している場所、東京タワーの麓で行われた「#ミライノサクラ」は間接的にではあるが、東京で生きる人の未来も照らすように輝いて見えていたかもしれない。

喜び思いのまま”をメッセージに掲げるglo™とblock.fmは、今後も新しいエンターテイメントを模索し、提案していく。

最新記事

20歳未満の者の喫煙は、法律で禁じられています。

加熱式たばこの煙(蒸気)は、子供の健康への悪影響が否定できません。

たばこの誤飲を防ぐため、乳幼児の手が届かない所に保管・廃棄を。

加熱式たばこの煙(蒸気)は、発がん性物質や、依存性のあるニコチンが含まれるなど、あなたの健康への悪影響が否定できません。

未成年者の喫煙は法律で禁止されており、未成年者に対して販売はしていません。
たばこの販売に際しては、公的証明書による年齢確認及び本人確認を実施しております。

あなたは日本在住の満20歳以上の喫煙者ですか?