glo™ × ガレス・ピュー
オリジナルデザインのデバイスホルダー登場

glo™ × ガレス・ピュー 魅力的なコレクションへ 初コラボレーション

超過激なクラブ・ウェアをアップサイクルし、人にも地球にもより良いデザイン。

著名なファッション・デザイナー ガレス・ピューとglo™が手を組み生まれたユニークなアクセサリーコレクション『REFASHIONED』が展開される。

着る人に喜びや開放感を与える役割を果たすと、ゴミ処理場へと向かう運命のクラブ・ウェア。今回、glo™は革新的な加熱式たばこブランドとしてこの素材をアップサイクルし、新たな息を吹き込んでいく。その実現のため、glo™ はファッション・デザイナー ガレス・ピューに呼びかけ、超過激なクラブ・ウェアを新しいコレクションへと生まれ変わらせることに成功。

今回、ピューが手がけたアップサイクル素材と最新のレザーカット技術によって生まれたグロー・ハイパー専用デバイスホルダーは、日本の「印籠」からインスピレーションを受けたもの。昔ながらの古き良きデザインがスーパーモダンなスタイルと融合し、利便性に富んだコンパクトでなめらかな手触りのデバイスホルダーへと生まれ変わった。
この完全オリジナルデザインのデバイスホルダーは、グロー・ハイパー専用として数量限定で展開され、glo™ファンなら見逃せないアイテムとなっている。
オークションサイト:https://refashionedcollection.com/ (英語のみ)

完全オリジナルデザインのグロー・ハイパー専用デバイスホルダーを希望の方は、glo™ 公式インスタグラムアカウント(@glo.japan)にて、抽選で3名様にプレゼント!

この印籠からインスピレーションを受けたデバイスホルダーの他、洗練されたバックとなる作品も製作。このピューがデザインしたバッグは、 12月23日よりネット・オークションにて購入が可能となり、オークションで得られた収益は、サステイナブルなファッション業界の発展のために寄付される。

ガレス・ピュー

ガレス・ピューは、イギリス生まれのファッション・デザイナー。現代におけるラグジュアリーを再定義するアプローチによって、その名を世界に知らしめた。ロンドンのセントラル・セント・マーチンズを卒業し、2018年のサンデー・タイムズ紙では「イギリスで最もエキサイトさせてくれるデザイナー」と評された。
2005年、ロンドンファッションウィークにてデビュー。その後、ANDAMファッション賞を受賞し、2008年9月にはパリファッションウィークに初めて参加。2009年1月には自身初となるメンズウェアコレクションを発表し、その後7年にわたりパリのファッションウィークで作品を生み出していく。2015年には、キャリアの原点であるロンドンファッションウィークに戻り、自身のブランド10周年を祝うショーを開催。
これまで10年にわたり、ビヨンセ、ニッキー・ミナージュ、レディー・ガガやリアーナなど、世界で最も人気のある数多くのアーティストたちとの仕事を通して活躍。その他にも、ニューヨーク・シティ・バレエ団やパリのオペラ・ガルニエ、オランダ国立歌劇場、そしてコヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスなど、世界で最も重要とされる文化施設の数々とコラボレーションし、ショーのデザインも手がけてきている。
2018年には、パートナー兼共同クリエイティブ・ディレクターのカーソン・マッコールとともにHARD+SHINYを設立。ロンドンを拠点とするこの独立系クリエイティブ・スタジオは、ファッション、映画、ステージデザインや実験的エンターテインメントを専門とし、瞬く間に賞を受賞し成功を収めた。Selfridges(セルフリッジズ)、M・A・C Cosmetics(マック コスメティックス)やリチャード・ブランソン氏のVirgin Voyages(ヴァージン・ボヤージュ)、Madison Square Garden(マディソン・スクエア・ガーデン)、DeBeers(デビアス)とMercedes Benz(メルセデスベンツ)など 名だたるクライアントの作品も手がけ、活躍の幅を広げている。

20歳未満の者の喫煙は、法律で禁じられています。

加熱式たばこの煙(蒸気)は、子供の健康への悪影響が否定できません。

たばこの誤飲を防ぐため、乳幼児の手が届かない所に保管・廃棄を。

加熱式たばこの煙(蒸気)は、発がん性物質や、依存性のあるニコチンが含まれるなど、あなたの健康への悪影響が否定できません。

未成年者の喫煙は法律で禁止されており、未成年者に対して販売はしていません。
たばこの販売に際しては、公的証明書による年齢確認及び本人確認を実施しております。

あなたは日本在住の満20歳以上の喫煙者ですか?